ARTISTS

新緑のころのびんなど (1998) 油彩 / 6F
新緑のころのびんなど (1998) 油彩 / 6F

赤穴 宏  Akana Hiroshi  (1922~2009)

 

独自の絵画表現を追求して、生涯前進的な制作を貫いた

名匠。抽象から具象へと表現を大胆に変化させながら、

静物画の新たな領域を拓いた。定石の手法とは一線を画

し、情念の躍動するような抽象的フォルムを、背景に投

影させる斬新な作風は、新しい静物画として、類例のな

い世界を創造している。晩年もなお、更なる高みへと歩

み続けたが、惜しくも87歳にして逝去、その清明な情

趣を湛える静物画は、今も見る者を魅了して止まない。

 

Neutral Space -Ⅵ- (2004) ※ 部分  アクリル・コラージュ / 122x166cm
Neutral Space -Ⅵ- (2004) ※ 部分  アクリル・コラージュ / 122x166cm

新井 知生  Arai Tomoo  (1954~)

 

現代美術界で、最も注目される作家の一人。一貫してア

クリル絵具の可能性を追究し、現代抽象の最前線をリー

ドする作家として、先見的な制作を続けて現在に到る。

どこか宇宙的な表象を内包するその作品は、自己を超え

た未知の領域を茫洋と喚起して、見る者にかつてない新

しい世界をもたらす。従来の芸術概念であった「自我の

顕現」を離れて、「自我の消滅」を指向する独創的な制

作に、新しい時代への扉は今、碓かに開かれつつある。

 

五番街 A (1971)           メゾチント・エッチング他 / 36x31cm
五番街 A (1971)           メゾチント・エッチング他 / 36x31cm

池田 満寿夫  Ikeda Masuo  (1934~1997)

 

早逝の天才。32歳の若さでヴェネチア・ビエンナーレ

のグランプリを受賞、日本を代表する現代版画の旗手と

して、常に再前衛の活動を展開する。その才能は美術を

超えて、文学・陶芸を始めとした多くの分野に及び、名

実共に「世界のイケダ」として幅広い活躍をしたが63

歳で急逝、その早すぎた死が惜しまれる。長くはなかっ

た生涯の中で、優に1000点を超える版画を制作し、

美術史の1ページを今も絢爛と飾る、文字通りの巨星。

 

どこか遠く (2012)   混合技法 / F10
どこか遠く (2012)   混合技法 / F10

榎並 和春  Enami Kazuharu  (1952~)

 

風化した岩壁のような趣を湛える地塗りの上に、古いイ

コンを思わせる人物像が浮び上がる。そのどこか中世的

な作中の人物達は、見る者を深い瞑想の時空へといざな

う。壁土や弁柄等を幾重にも重ねる、独自の混合技法を

用いて、ひたすらに自己を掘り下げる内に、その世界は

より根源的な「祈り」の領域へと到る。表層的な変動を

離れ、不変の何かを希求するその作風は、精神性の欠落

した現代美術界で、いよいよその意義を増しつつある。


 

荷馬車 (2012)   鉛筆 / 14.7x10.9cm
荷馬車 (2012)   鉛筆 / 14.7x10.9cm

河内 良介  Kawauchi Ryosuke  (1957~)

 

鉛筆画の異才。鉛筆による表現を徹底して追求し、限り

ない可能性を拓いて現在に到る。モノトーンのグラデー

ションだけで、不思議なイメージに満ちた小宇宙を描き

出し、シュールな趣を湛える独特の画風を展開する。十

数種の鉛筆を駆使して生み出される、その驚異的な細密

表現に触れた時、モノクローム芸術の思いもよらない美

しさに、見る人は思わず息を呑むだろう。いよいよユニ

ークな活躍が期待される、 次世代を担う芸術家の一人。


 

無限の水玉 (2003)          セリグラフ / 20x20cm
無限の水玉 (2003)          セリグラフ / 20x20cm

草間 彌生  Kusama Yayoi  (1929~)

 

最前衛の息吹を世界に発信し続ける、現代美術の女王。

幼少期より強迫神経症に悩まされながら単身渡米し、水

玉や網目の幻視をそのまま作品化して、国際的な評価を

確立した。その後表現を拡大して、ハプニングと呼ばれ

る煽動的なパフォーマンスで注目を浴びるが、40代半

ばに帰国。常に第一線にあって、世界各地で数々の展示

会を精力的に開催し、小説・映画等分野を超えた表現も

展開しながら、その活躍は未だとどまる所を知らない。


 

ヌード (2011)       油彩 / 10F
ヌード (2011)       油彩 / 10F

栗原 一郎  Kurihara Ichiro  (1939~)

 

一切の虚飾を剥いで、対象の本質をダイレクトに描き出

す個性派。見せかけの美を離れて、内なる美を湛えるそ

の芸術は、現代絵画の流れに浮かんだ弧舟のように、い

かなる流派にも属さない。裸婦等の人物を始めとして、

風景や建物・草花等々、そのモチーフは多岐に亘るが、

全てに漂う独特の憂愁は、見る程に飽きない情趣を放つ

。自らの人間性を直に表現する、数少ない本物の画家と

して、その存在は現在、いよいよ重みを増しつつある。


 

フェンデトードス・雨上がりの道 (2005)油彩 / 12P
フェンデトードス・雨上がりの道 (2005)油彩 / 12P

斎藤 良夫  Saito Yoshio  (1936~)

 

現代油彩画の第一人者。油彩の可能性を追求し、油彩一

筋に専念して現在に到る。深い趣を持つ欧州風景・力強

く躍動する海景・静謐な情趣を湛える静物画等、その世

界は多様な広がりを見せるが、そこには一貫して温かい

詩情が溢れている。安住を嫌い、常に新しい挑戦を繰り

返す中で生み出されたその作品は、巷に溢れる安直な油

彩画とは一線を画し、本物だけが持つ悠然たる風格を宿

す。自在な技巧と高い精神性を併せ持つ、実力派作家。

 

旭谷戸の納屋 (2008)    混合技法 / 6F
旭谷戸の納屋 (2008)   混合技法 / 6F

佐々木 和  Sasaki Kazu  (1951~2009)

 

四季折々の身近な自然をテーマに、清新な詩情溢れる世

界を描き出す個性派。独自の混合技法から生み出される

その作品は、微妙な色彩が幾重にも綾なすユニークな画

面を形成する。他にも「密陀絵」と呼ばれる古代技法に

よる表現や水彩画等、幅広い領域にわたる探求は、見る

者を純粋で自由な世界へと導く。各地の個展活動を通し

て、独創的な作風が熱い支持を広げて来たが、近年58

歳にして逝去、そのあまりにも早い死が、惜しまれる。

家路 (2008)      アクリル / M10
家路 (2008)      アクリル / M10

中佐藤 滋  Nakasato Shigeru  (1947~)

 

一貫してアクリル絵具による表現を追求し、詩情溢れる

独自の世界を描く、文字通りの個性派。人物や動物・静

物・街景等、様々なモチーフを自在に組み合せて、独特

のペーソスとユーモアがにじむ、不思議なノスタルジー

に満ちた時空を描き上げる。各地画廊における個展の他

に、若手詩人とのコラボレーション等々、ユニークな企

画にも挑戦しながら、質の高い制作を貫くその活動は、

いよいよこれからも、熱い注目を集めて行く事だろう。

 
初秋 (2013)   混合技法 / 90×90cm
初秋 (2013)   混合技法 / 90×90cm

中西 和  Nakanishi  Mutsumi  (1947~)

 

清澄な品格を湛えて、独特の静謐な世界を描き出す本格

派。自製の水性絵具や墨による描画を何度も洗い流し、

更には紙を削り出して作画するという独自の技法を用い

た制作は、日本画・洋画という狭い範疇を超えて、新し

い「日本の美」を創出している。そのモチーフは、一貫

して野菜・果実・陶磁器・野の花等ごく身近なものであ

りながら、そこからは静穏な深い情趣がにじみ出し、そ

の質実な世界観は今、静かな共感の輪を広げつつある。

レモンとさくらんぼ (1959) メゾチント
レモンとさくらんぼ (1959) メゾチント

浜口 陽三  Hamaguchi Yozo  (1909~2000)


言わずと知れた銅版画の名匠。若き日よりパリにアトリ

エを構え、世界で初めて「カラーメゾチント」の技法を

開拓し、かつて無い斬新な版表現で、国際的な評価を得

て今日に到る。ごく身近な野菜や果実をモチーフに、静

謐で幽玄な小宇宙を創り上げるその作風は、類例の無い

独創的な表現として、美術史に名を残す。現在は日本橋

の「ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション」において作

品が常設展示され、その優れた画業を偲ぶ事が出来る。

風のすがた (2008)      油彩 / 4F
風のすがた (2008)      油彩 / 4F

平澤 重信  Hirasawa jushin  (1948~)

 

独特の詩的時空を、自在に描き出す油彩画の異才。人や

動物・乗物といった日常のモチーフを組み合わせ、独自

のバランスで構成された画面は、それぞれのイメージが

豊かに響き合って、不思議な物語を紡ぎ出す。深い趣の

地塗りの上で、軽やかにみずみずしく展開される、透明

な詩情に満ちた世界。「平澤ワールド」と呼ばれるその

ユニークな世界は、ガラス絵や墨絵等にも領域を広げ、

妥協なき個性派として、清新な魅力を放ち続けている。

ペシミストは夢をみる (1995)     木版画9版12度摺 / ed.80
ペシミストは夢をみる (1995)     木版画9版12度摺 / ed.80

風鈴丸  Fuurinmaru  (1969〜)

 

幻想的な詩情を湛えた、独特の心象世界を表現する木版

画の異才。伝統木版をベースに、高度な多色摺りを駆使

したその作品は、類例のない鮮やかな色彩に満ち溢れ、

加えてその画面に、自作の詩を刻み込む独自のスタイル

が、不思議な感性に満ちた世界を現出する。近年は版画

制作と並行して、ガラス絵や油彩・インク画・人形制作

等、表現の領域を大きく広げて、最も注目される女流版

画作家の一人として、ユニークな活動を展開している。

風車のある街        油彩 / 8F
風車のある街        油彩 / 8F

藤崎 孝敏  Cauvine Fujisaki  (1955~)


上辺の虚飾を剥ぎ落とし、人間の本質を真っ向からカン

ヴァスに叩き付けたかのような画風。30代初めに渡仏

し、モンマルトル界隈を転々としながら、荒々しい激情

と憂愁の叙情を併せ持つ、独自の油彩画を確立する。小

手先の技芸よりは血の通った内的な表現を指向し、ダイ

レクトに見る者の肺腑を衝き、胸をえぐるようなインパ

クトを持つ作風は、極めて特異な個性を放つ。現在はブ

ルターニュに在住、現代では稀有の無頼派作家である。

Face Study '02 (2002)        リトグラフ / 55.5x50.7cm
Face Study '02 (2002)        リトグラフ / 55.5x50.7cm

舟越 桂  Funakoshi  Katsura  (1951~)

 

現代彫刻の奇才。人物をモチーフとして具象的な彫刻表

現に徹し、一貫して楠だけを素材に、内省的な独自の人

物像を制作する。一方では版画制作にも力を入れ、彫刻

家の版画という範疇を超えて、革新的な表現を版画界に

提示して来た。早くからその制作は海外でも注目され、

ニューヨークを始めとした世界各地における個展開催、

メトロポリタン美術館等にも作品が収蔵される等、その

独創的な表現は、いよいよ国際的な評価を高めている。

鏡の中 (2004)     混合技法 / 3F
鏡の中 (2004)     混合技法 / 3F

舟山 一男  Funayama  Kazuo  (1952〜)

 

主にサーカスをテーマとして、不思議な魅力を放つ人物

や風景を描く異色作家。深い趣を持つ地塗りの上に、独

特の哀感を湛えて浮び上がる肖像は、特異な存在感を持

って見る者に迫る。人生を綾なす喜怒哀楽を、鮮烈な詩

情で描き上げた独創的な世界、その寡黙で静謐な時空か

らは、いつしか声なき詩(うた)が深閑とにじみ出す。

単なる「美人画」に安住する作家の多い中で、描かれた

人物を超える何かを、密やかに表現する真の本格派作家。

光明 (1989)木版8版度23摺 / ed.180
光明 (1989)木版8版度23摺 / ed.180

牧野 宗則  Makino Munenori  (1940~)

 

伝統木版の超絶技巧を駆使して、新しい版表現を開拓す

る独創的な版画家。時に30~40数度にも及ぶ驚異的

な重ね摺りを、従来の分業によらず全て単独で手掛け、

自然の生命の輝きを、息をのむような鮮やかな色彩で表

現する。山桜を版木とする古来の姿勢を貫きつつも、伝

統を現代に新しく問い直す唯一の版画家として、揺るぎ

ない評価を獲得して来た。その「北斎・広重の再来」と

謳われる類例なき世界は、他の追随を未だに許さない。

クリスティーヌ 15才       Bronze / 19.5x7.5x6.0cm
クリスティーヌ 15才       Bronze / 19.5x7.5x6.0cm

三木 俊博  Miki Toshihiro  (1950〜)

 

現代ブロンズ彫刻の奇才。イタリア国立フィレンツェ美

術アカデミーに学び、11年に亘る研鑽を積んで帰国、

主に神話や聖典の登場人物をテーマに、独特の個性溢れ

るブロンズ彫刻を発表する。あたかも精神の量塊から、

茫漠と浮び上がるかのようなその作風は、具象と抽象の

狭間を往くかつてない特異な立体表現として高く評価さ

れ、ドローイング作品の制作も併行しながら、一貫した

「人体」への飽く事なき追求は、現在も已む事がない。

教会 (1968)  エッチング / 29.0x31.7cm
教会 (1968)  エッチング / 29.0x31.7cm

南 桂子  Minami Keiko  (1911~2004)

 

繊細な無垢の詩情を湛えて、静かに滲み出す懐かしい物

語。生涯その汚れなき童話性を失わず、独自の銅版作品

を坦々と創り続けた。国際的な大家として知られた浜口

陽三の伴侶として、その一生は控えめで寡黙な活動の内

に閉じられたが、近年、その生前を知らない若い世代を

中心に熱い支持が寄せられ、新たな再評価の波が広がっ

ている。豊かな精神性が急速に失われつつある現在、そ

の透明な妙趣はいよいよ多くの共感を集め往くだろう。

太陽盤 Ⅱ (2006) 混合技法 / 50x50cm
太陽盤 Ⅱ (2006) 混合技法 / 50x50cm

本宮 健史  Motomiya Takeshi  (1959~)


瞑想する絵画。深い内省から生れる魂の形。岩絵具に大

理石等の粉末を混合した、独自の絵具で描かれるその作

品は、胸奥に染み入るような光を放射しながら、深い祈

りの風景を現出する。故三岸節子を祖母に持ち、若年に

して単身渡欧、現在はバルセロナに居を構え、故A・タ

ピエスの版画制作にも携わりながら、寡黙にして求道的

な制作を貫く。その深い精神性を湛えた芸術は、浮薄を

極める本邦の美術界に、真の芸術を提起して止まない。

予感の始まり (2007)        アクリル・コラージュ / 4F
予感の始まり (2007)        アクリル・コラージュ / 4F

安元 亮祐  Yasumoto Ryosuke  (1954~)

 

詩情溢れる幻想的な世界を、多様なメディアで表現する

詩人。巧みにコラージュを用いたアクリル作品をメイン

として、エッチングやガラス絵、更にはオブジェ等の立

体作品まで、その表現は多岐にわたる。人物・動物・風

景等々、様々なモチーフを通して描かれる独創的な世界

は、どこか異郷を思わせる情趣を湛えて、不思議な魅力

を放つ。常にスタイルを変化させながらも、一貫して夢

のある自由な作風が、いよいよ熱い共感を呼んでいる。

風土 31 (2007)           板に油彩 / 168×136cm
風土 31 (2007)           板に油彩 / 168×136cm

わたなべ ゆう  Watanabe  Yu  (1950~)

 

土の匂い、沃野を渡る風、わたなべゆうの原点には、意

識の深層に消し難く残る、原初の記憶がある。その豊饒

なイメージが溢れる世界は、人間の戻るべき「自然」の

手触りを、力強く喚起して止まない。あたかも横溢する

魂を、ダイレクトに描き出したかの様な作風は、精神性

が置き去りにされ、小手先の手法ばかりが蔓延する現代

の美術界で、極めて特異な光芒を放つ。安井賞を受賞後

も、時流に乗らない独自の活動を貫く、稀代の個性派。