PRESENT

潮騒を聲く -磯松にて-   コンテ・水彩他
潮騒を聲く -磯松にて-   コンテ・水彩他

237th Exhibition

TSUGARU ── 風聲の村から

森幸夫素描展

 

2022年 02月03日 (木) 〜 02月20日 (日)

※02月05日 (土) 作家来廊

 

北辺の地──津軽。その最果ての寒村に、画家は幾度となく足を運び、身を切るような吹雪の中で、独りひたすらに筆を走らせた。津軽に魅せられて10余年、砂丘に

埋もれゆく海浜の村に、画家は何を見ていたのか。現地

で描かれ、今もなお現地の風聲を宿す、卓絶のペーパー

ワークス、その「素描」を超えた深奥の表現を一堂に。

 

 

風の遊ぶ村    パステル・アクリル他
風の遊ぶ村    パステル・アクリル他

森 幸夫 Mori Yukio (1950〜)

 

 最果ての寒村に、冬の凍て付くような風景が広がる。蕭条と続く荒れ果てた原野、何処までも茫々とうねる砂丘、その狭間に埋もれるかの如くに佇む家屋、大地を非情に吹き荒れる苛烈な風雪、それら北方特有のモチーフが、幾重にも重ねられた奥深い色彩と、長い星霜の堆積したかのようなマチエールで描き出される。それは確かに、津軽と云う現実の土地に取材した風景ではあった。しかし、自己との孤独な対話を飽かず重ねゆく、長く地

道な制作の果てに、それは画家の透徹した眼だけが達し

得るのだろう、内奥の曇りなき心象風景へと昇華する。

 森 幸夫 ── 津軽の地を舞台に、深い趣を湛える北の

風土を描く。幼少時にポリオを患い、以降左手に障害を

残す。後年には他の疾病も重なり、身体的な不自由を余

儀無くされる中、50代半ばから津軽への取材を開始、

以後は秋から冬にかけて、同地へ幾度となく足を運ぶ。

今図録等の資料を顧みると、津軽行き当初の作品には、

ある程度現実に即した、具象的な風景が描かれている。

それが年を経るに従い、徐々にフォルムが抽象度を増し

て、作品の根幹を流れる精神は、一貫して変わらないも

ので在りながらも、表現は極限まで抽象に接近する、あ

る種大胆な作風へと変遷を遂げて来た。よってそこに現

出する風景は、最早具体的に特定された地名を離れて、

画家の心奥に広がるだろう、或る普遍の世界を暗示して

已まない。大地の奥深い鼓動と、有りと有る人倫の営為

が分かち難く溶け合う世界、それこそ画家が北方の果て

に見出した、悠久の風景と言えるのではないだろうか。

 現在疾うに絵画の「精神」は忘れ去られ、芸術の矜持

も消え失せて久しい。そのような状況下、表層の美麗よ

りは内奥の真実を、見えるものよりは見えないものを希

求するその制作は、いよいよ質実の輝きを増している。

あらゆる虚飾を排して、表現の根源へと挑む。声高な標

榜を避けた沈黙を貫き、自己の一切を絵画のみで語る。

ここに人は本来の、強靭な「画家」の姿を見るだろう。